新エネルギー

図解ビジネス情報源 業界動向と主要企業がひと目でわかる

新エネルギー

株式会社大和総研 環境調査部


定価 1,680円 (本体1,600円)

発売日:2012/07/27

形態:A5 (192ページ)

ISBN:978-4-04-870932-3

Amazon.co.jpで買う

内容

新エネルギーの基礎から最新事情まで学べる

2012年7月1日から、政府による再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度がスタートしました。東日本大震災以降、原子力発電所の稼働停止で、電力不足が懸念されるなか、太陽光や風力などの新エネルギーが注目されています。これまで当たり前に使っていた電気は、自然エネルギーでつくられたのか?原発でつくられたのか?といった電気の由来(何を使ってつくられた電気なのか)が意識されるようになってきます。本書は現在、注目されている新エネルギーをわかりやすく解説しており、ビジネスチャンスや業界研究として最適な1冊です。

目次

CHAPTER1 新エネルギーの基本を押さえよう

CHAPTER2 二大新エネ「太陽光」と「風力」を徹底研究

CHAPTER3 脚光を浴びる新エネルギーたち!

CHAPTER4 海外動向からビジネスチャンスを探る

CHAPTER5 新エネルギーがつくる新しい社会とは

コラム1  発電能力や発電量の大きさをどう表すのか?

コラム2  「発送電分離」は新エネルギー普及につながる?

コラム3  需要を減らせば発電と同じ効果も。注目の「節電所」とは?

コラム4  政権交代は米国のエネルギー政策にどう影響する?

著者プロフィール

株式会社大和総研 環境調査部

持続可能な社会・経済システムの構築に貢献すべく、環境・社会・企業統治や資本市場における責任投資に関して、調査、研究および提言を行っている。2010年環境・CSR調査課発足、2012年4月から環境調査部。

【執筆者】

真鍋裕子

研究員。1997年慶應義塾大学理工学部卒業。銀行系シンクタンク、総合エネルギー会社(ESCO)を経て、2006年大和総研入社。産業コンサルティング部などを経て、2011年より現職。担当はエネルギー問題、気候変動問題など。

物江陽子

研究員。1999年国際基督教大学教養学部卒業、2004年早稲田大学大学院修士課程修了(国際関係学)。環境コンサルティング会社、欧州系公的機関を経て2008年大和総研入社。投資戦略部などを経て、2010年より現職。担当は環境・エネルギー政策など。

小黒由貴子

主任研究員。1984年大和コンピュータサービス(現大和総研)入社。基盤システム開発部、情報技術研究所などを経て、2010年より現職。担当はグリーンIT、環境情報開示など。

Copyright (C) 2013 ASCII MEDIA WORKS. All rights reserved.